「なんとなく生き難かった」正しかった事実!

50年以上生きていると「実は生き難さを漠然的に感じてた」でもみんなもそうだと思ってた。これが今の率直な考えです。でもどうやら「みんなも同じ」ってのが違っていたらしいです。 
50歳で「それまでの業務の疲弊」「時差を無視して昼間アメリ現地で仕事、よる日本とWEBミーティング」「そして母が逝去」そして私は「うつになり」「どもりが始まり、ちょっとした刺激で泣いてました」「死にたいはなかったけど、もうすべてやりつくしたから終わってもいいよね、ここ12階から落ちたら終わらせる事が出来るって、でも後片付けの人にわりぃべ」って

今は「うつ」「双極性障害」「注意欠如多動性障害ADHD」「HSP」「マルチ・ポテンシャライト」全部まとめて 受けいれちぇ!そこで「大阪商工会議所の メンタルヘルスマネージメント検定 受けました」

でも「私 ばか だから」「2種さきに受けちゃった」ばかだよねぇ って思い「三種願書だしたら、体調崩して勉強あまりできなかった」多分受からんべ!

「少しメンタルヘルスマネージメントの話題も投稿しようと思ってます」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です